読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【マタニティ・妊婦服で失敗しない!!】通販オススメサイト紹介ブログ

プレママのためにマタニティ、授乳服の紹介や子育てについて役立つ情報を発信していきます。

【出産】私の出産記録(後編)

出産シリーズの最後は病院での生活から家での生活についてです。

 

まず病院での生活を語る上で外せないのが、食事の美味しさです!!私の通っていた病院はご飯が美味しいというのがネット上で評判になっていました。でも実はそんなに期待していませんでしたが、毎日、毎食ご飯が楽しみでした。

 

お祝い膳というのが出産後にどこの病院でも出されるのですが、これはお肉であったり、お赤飯であったり、それほど変わらなそうなんですが、普段が美味しいです。べたぼめですが、食べログ評価の高いお店来ているようでした。

 

 

私の旦那も気に入っており、お見舞いに来てくれた時はよくつまみ食いをしていました。参考に昼食ですが、当時の写真をアップします。

 

f:id:hazm1511:20161106171957j:plain

昼食にはうどんや丼モノが多かったですが、茶碗蒸しもついていて超豪華でした。

 

あと病院生活を語る上で外せないのがおっぱい先生です。

出産後に産後の生活などを説明してくれる看護師さんがいました。

 

色々教えてもらったんですが、おっぱいの評価しかしていない方でした。私のおっぱいは先生の評価が非常に高く今いる人の中で一番良いおっぱいで、母乳だけで子育て出来よ!と何度も何度も会うたびに言われていました。

 

が、しかし結構厳しい先生で私の隣の方には「あなたのおっぱいは出が悪いから母乳だでの子育ては無理」と本人が悪いかのような発言をしていました。マジで怖いと思った瞬間です。

 

結局私のおっぱいはというと出が良く未だに完全母乳で育てています!先生の評価は正しかったです。

 

そんな入院生活も1週間で終了です。夜泣きの時もナースステーションで対応してくれたり、ご飯も出てくるし、過ごしやすい産後でした。

 

退院ともなると、自分で色々しなければならず不安があるものの久しぶりの我が家は楽しみだったりで、複雑な心境でした。

 

3月上旬の札幌はまだ真っ白です。退院当日は約1週間ぶりに外へ出ると清々しい空気だったのを記憶しています。

 

なんだかあっという間の出産だったなーと思いながら旦那の運転する車に乗り込み帰宅するのでした。

 

おわり